イマ、選ぶ。

~今選ぶべき道~ 「気づき・選ぶ事の大切さ」を考え、共有するブログ。

【準々決勝】アルゼンチン対ベルギー イケメン、放送、日程、再放送は? ワールドカップ2014

calendar

reload

ワールドカップ準々決勝!
3試合目!

アルゼンチン対ベルギー

メッシ依存のアルゼンチン。
決定力不足のベルギー。

ともにウィークポイントを抱えながら
ここまで勝ち上がってきた。

ただ、両者とも弱点は織り込み済み。

サッカーは内容で勝負がつくのではなく
相手よりも多く点を取れば勝てる。

勝つチームが強い

両者の個性的なサッカーに注目だ。

スポンサーリンク

シュート数とゴール決定率

サッカーの面白さは、
ゴール数とシュート数に比例する!

スクリーンショット 2014-06-29 5.08.24

●アルゼンチン
試合数  4試合
得点   7点
シュート 77本
決定率  9.1%

●ベルギー
試合数  4試合
得点   8点
シュート 81本
決定率  7.4%

スクリーンショット 2014-07-03 18.52.20

ベルギーの決定率は
ベスト8の中で最下位
シュート数は、なんと4試合で81本

皆さんご存知の通り、
アメリカ戦でだいぶシュート数を稼いだ。

ただこの数字が悪い訳ではない。
シュート数が多いという事は、
この数だけ相手の守備を崩しているということである。

見てる方は非常に楽しいが、
サポーターはイライラしているかもしれない。

ゴール&シュートが多い試合は面白い!

【人気】今大会No.1イケメンは脱いでも可愛いと話題!彼女はいるの?
→決定率ランキングで分かるGL突破国の共通点と日本の課題は一つ?
【準々決勝】王者復活?得点10失点2の安定感フランスにドイツが噛み付く!
【準々決勝】真のイケメンエースが決まる!ネイマール対ハメス!
【準々決勝】オランダ脱ロッベン?超イケメン ダレイ ブリントが話題!

sponsored link

放送日程と視聴ポイント

【アルゼンチン対スイス】

●放送:7/6 0:05放送 LIVE!(1:00試合開始)
※寝不足・遅刻の言い訳対策忘れずに!
●テレビ局:NHK総合
●会場:エスタジオ ナシオナウ デ ブラジリア
▲再放送:7/6 9:00放送, 7/10 1:00放送 (NHK BS1)

◎アルゼンチン
→チーム最高得点者:メッシ
イケメン:セルヒオ・アグエロ
アルゼンチンメンバー一覧

◎ベルギー
→チーム最高得点者:マルアン フェライニ(他多数)
イケメン:ドリース・メルテンス
ベルギーメンバー一覧

ルゼンチンは、
メッシ依存という最大の弱点を最後まで貫くかもしれない。

ベスト16のスイス戦で攻撃陣は頑張っていたが、
やはり点が取れない。

「そういう星のもとに生まれている」
とまで思えてきた。

ただ、思ってみれば、
そこに最高の武器(メッシ)があるのに、
それを使わず、あえて素手でモンスターに立ち向かう意味は無い

勝たなければいけない試合という事を
分かっているからこそ、
メッシ依存であろうが「勝ち」にこだわっているのだ。

アルゼンチンは
ワールドカップでの戦い方を知っている。

ルギーは、
頼れるエースがいるようでいない。
それがいい部分かもしれない。

打っても打っても入らないシュート。
ただ、いつかは入るのだ。誰かが入れるのだ。

これまでの得点者は6名

マルアン フェライニ
ドリース メルテンス
ディボック オリギ
ヤン ベルトンゲン
ケビン デ ブライネ
ロメル ルカク

シュート数は多いが
誰でも得点出来るのだ。

先ほども説明したが、
シュート数が多いという事は
その数だけ相手の守備を崩している事にほぼ等しい

シュートを打たれる方は嫌なものだ。
緊張感で一気に疲れがたまる。
「攻められている。負けるかも。」という心理に陥る

ベスト16の試合、アメリカはクタクタになっていた。
ベルギーは容赦なく攻めていった。
諦めずにシュート、シュート、シュート・・・・
そして得点し、勝った。

これがベルギーのサッカーである。

→ワールドカップ2014!全32チームのイケメン、セクシーをまとめ
睡眠不足が引き起こす症状に要注意?
睡眠不足前に必ずやるべき事とは?
寝坊した時に最速で使える言い訳5選と謝罪の姿勢とは?
大人気!目覚ましグッズ8選とは?
700万回再生超え!快眠できる音楽&人気仮眠グッズ


「なでしこ」を支えるあの選手が素顔をみせた?話題の記事はこちら↓

【泣ける】木偶の坊とは言わせない!オーストラリアの高さを封じ込める「日本の壁」!
【使える】なでしこ澤穂希選手「苦手な事はやらない」最強の戦略とは


海外勤務希望者必見!外国で働くとは?↓

【海外で働く日本人】ヨルダン女子代表監督は日本人だった!