イマ、選ぶ。

~今選ぶべき道~ 「気づき・選ぶ事の大切さ」を考え、共有するブログ。

なでしこ澤穂希選手「苦手な事はやらない」最強の戦略とは

calendar

reload

日本女子サッカー代表歴20年。
今も現役で大活躍している澤穂希選手。

彼女が常にチームに必要とされるのは
「苦手な事はやらない」という信念を貫いたから?

●澤穂希選手をざっくり知る

彼女の情報はざっくり言うと、

ー名前:澤 穂希(さわ ほまれ)
ー生年月日:1978年9月6日
ー出身:東京都府中市出身
ー所属:INAC神戸レオネッサ所属
ーポジション:ミッドフィールダー(最近はボランチが多い)
ーサッカー歴:約30年。日本代表になって20年。
ー受賞履歴等:2011FIFA女子ワールドカップの得点王とMVP受賞者。
アジア人史上初の「FIFA最優秀選手賞」受賞者。
男子、女子含め日本代表では歴代トップの出場数と
ゴール数獲得しており、現在も記録更新中。
(wikipediaより引用)

注目すべきは、
日本代表になって20年で、
男子、女子含め日本代表では歴代トップの出場数とゴール数

今も現役で大活躍しており、
継続して試合に出場し、且つ、得点も取っている。

もちろん結果の出なかった時期もあると思うが
偉大な選手というのは、
「チームに必要なものは何かを把握し、結果を出せる力」
を持っているのだろう。

そんな彼女が
「苦手な事はやらない」とはどういうことなのか?

sawa1

●2006年 北朝鮮戦でのPK戦

2006年のアジア大会の決勝戦。
なでしこ VS 北朝鮮とのPK戦。

澤選手は一番手に指名されたものの、PKを外してしまう。
澤選手だけが原因ではないが、
チーム史上初の国際タイトルを寸前で逃してしまった。

この苦い経験から、
2011ワールドカップ決勝のアメリカとのPK戦では、
5番手以降にしてほしいと佐々木監督に直談判。
※ご存知の通り、なでしこはPK戦を制し、W杯初優勝を手にする

【動画】なでしこJAPAN祝世界一 栄光のPKシーン

彼女はPKが苦手になってしまった。
あの日以来、公式戦ではPKを蹴っていないそうだ。

sawa3

●チームの中で使える「最強の戦略」

「逃げるが勝ち」とは、
無駄な戦いや愚かな争いなら、避けて逃げるほうが、
結局は勝利や利益を得られるということである。

彼女はPKでの苦い経験から得たものは、

「苦手な事はやらない」

そして

「得意な事を伸ばす」

ということである。

「苦手を克服」するのではなく、
「苦手であるという自分を知り、受け入れる」

その上で、

「得意な事をひたすら伸ばし、
誰にもできないような武器・強みとする」

苦手な事ができない分、
得意な事でチームに貢献するということである。

※彼女自身の得意な事は、「予測する力」とのこと。

sponsored link



これはサッカー以外の世界でも非常に有効だ。

もちろん、嫌な事も最低限やらなければいけないが、
あくまでも「最低限」でいいと思う。

苦手な事を無理矢理やればやるほど、
非効率だし「負け」「自信をなくす」可能性が高くなる。

克服すれば大きなメリットも期待できるが、
ビジネスや勝負の場では「負けてはいけない」のである。

得意な事をやって効率化し「勝てる」確率を上げれば、
誰も損はしないし、本人も自信がもてる。

上司も部下も
最終目標は「勝利」である事をいつも忘れてはいけない。

●自分を知り、自分を売り込む

「得意」「苦手」を明確にすることは、
「自分を知る」ということである。

自分という存在は何?
誰にも負けない「武器」は何?

指揮官・上司は、
常に大きな判断をしなければいけない。

「自分の強みが分かっている人間」というのは、
指揮官や上司としても起用・評価しやすい。

たとえば、
「走るのが速い人」=「相手の体力が落ちた後半で起用しよう」
「英語が得意な人」=「海外出張にいってもらおう」

「能力」がボヤッと不明確だと、
リスクなのか、そうでないのか、よく分からない。
そんな人間を最大のリスクと考えるだろう。

本当は何か能力があるかもしれないが、
「この人は使えないかも?」という悪い評価を下されてしまうだろう。

指揮官・上司も人間である。
あえてリクスを取るような事はしたくないのもわかる。

sawa 4

●現在の澤穂希選手

「弱さ」を認め、「強み」を知った澤穂希選手。

経験を積み、全体像がより見えるようになった今、
「チーム全体を支える要」として、
攻めのポジションからボランチへと変わっている。

私たちを取り巻く環境・生活も日々変わっていく。

常に自分を知る事を継続し、
ベストな自分を売り込めるよう意識しよう。

※2014年5月9日 (金) 報道ステーション
アジアカップ初制覇へ…澤穂希が語るより
参照し、感想を述べました。

※内容が良かったという方は
お友達にシェアいただけるとうれしいです。

★人気記事はこちら

↓↓↓
→【海外で働く日本人】ヨルダン女子代表監督は日本人だった!

★AFCアジアカップ8チームの美女まとめはこちら

↓↓↓
→総勢192人の女の戦い!? アジアNO.1美女は一体誰?全8チームの気になる美女をまとめてチェック!

★イケメンワールドカップ2014ブラジルはこちら

↓↓↓
6月開幕ワールドカップ!!!気になるイケメン、セクシー選手は調査済み?全32チームをまとめてチェック!!

インスタグラム始めました!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




ブログを書いてる人

イマエラ

イマエラ

~今選ぶべき道~
気づき・選ぶ事の大切さ」を考え、共有するブログ。 [詳細]