イマ、選ぶ。

~今選ぶべき道~ 「気づき・選ぶ事の大切さ」を考え、共有するブログ。

【海外で働く日本人】ヨルダン女子代表監督は日本人だった!

calendar

reload

知っていましたか?

女子サッカーヨルダン代表監督はなんと日本人!
沖山雅彦監督!

2013年女子アジアカップ予選、
3試合30得点6失点という驚異的な成績を残せるまでに
ヨルダンを成長させた沖山氏。

沖山氏とは一体どんな人物?

●ヨルダン代表監督 沖山雅彦氏を知る

沖山雅彦氏とは、

●沖山 雅彦(おきやま・まさひこ)
●1968年3月15日生まれ
●東京都板橋区出身
●中学校~大学までサッカー選手としてプレー
●大学卒業後、Lリーグの複数のチームにコーチとして務めた
●大阪なみはや国体(1997年)で東京都選抜女子の監督努め、
チームを準優勝に導く。
●その他、国内様々なチームの監督・指導を経て(*1)、
2012年4月にヨルダンに派遣され、ヨルダン女子代表監督として活動している。
●2012年にJFA公認S級コーチライセンスを取得。
(*1) 詳しくは、日本サッカー協会ページをご参照ください。

re-okiyama

●ヨルダンサッカー協会の沖山雅彦氏への評価

2012年、ヨルダンサッカー協会は、
日本サッカー協会から沖山雅彦氏を招聘。

沖山雅彦監督の目指しているスタイルは、
「チームサッカー(組織プレイ)」

2013年女子アジアカップ予選は、
3試合30得点6失点という驚異的な成績。
「攻め」に強みがあるチームとして成長した。

FIFA副会長兼ヨルダンサッカー協会会長アリ王子は、
沖山監督の指導力を高く評価。

アリ王子のコメント。
「ヨルダンの女子サッカーが日本人監督を受け入れたことを誇りに思う。
 沖山氏は経験が豊富で日本で最高レベルの監督だ。」

【動画】ヨルダンサッカー協会の普及活動 日本人監督のもと急成長を見せるヨルダン女子代表

【動画】ヨルダン女子サッカー率いる日本人監督の奮闘

re-okiyama-team

●ヨルダンを知る

日本にはあまり馴染みがないヨルダン。

ざっくりとヨルダンをまとめてみた。

ヨルダンとは、

●アラビア半島北部に位置する国
●首都はアンマン
●日本の4分の1の国土
●人口630万
●公用語はアラビア語
●9割以上がイスラム教徒
●ヨーグルトをご飯にかける習慣がある
●他のイスラム諸国に比べると社会進出したい女性が多い
●女性の間での一番人気のスポーツはサッカー
●女性がスポーツをする事を否定する国民はまだ多い
●女子代表選手は、3つのクラブチームから選出された
大学生と社会人のアマチュア選手25名
●代表の練習は週5日(選手はこの練習が最優先)
●ヒジャーブ(**)を巻いている選手とそうでない選手がいる
(**)イスラム教の女性が頭髪を隠すためにかぶるスカーフのような布

re-hidjabu

●「海外で働く日本人の柔軟さとプロ根性」

今回、沖山氏の情報を調べてみて感じたことは、
「海外で働く日本人の柔軟さとプロ根性」。

文化や環境は何千年も前からその地に根付いている「存在を表す証」。
否定する事はあってはならない。

しかし選手たちを強くするためや目標を達成するためには、
ある程度の規律が必要。

相手の文化を尊重しつつ、
プロサッカー選手としての基本的な考え方や
練習の取り組み方を指導していくのは、
かなり苦労したのではないかと思う。
(就任当初は、選手の遅刻、無断欠勤は当たり前だったようだ。。)

就任後に、目に見えて成果が出てきているので、
沖山監督としても「成功」と言えるのではないか。
是非ヨルダン代表も「ワールドカップ初出場」を掴んでほしい。

sponsored link



日本人が海外で活躍しているのを聞くと、
とても嬉しいし、誇りに思う!
これからも沖山監督の活躍から目が離せない!!

頑張れ!沖山ヨルダン!!

→沖山監督現地レポート(日本サッカー協会)

re-okiyama team 2

re-okiyama team 3

★日本vsヨルダン戦の関連記事はこちら

↓↓↓
→【美人対決】なでしこ 川澄 VS 中東の美 ステファニー!

→【最新情報】5/18激突!なでしこVSヨルダンをざっくりチェック!

★AFCアジアカップ8チームの美女まとめはこちら

↓↓↓
→総勢192人の女の戦い!? アジアNO.1美女は一体誰?全8チームの気になる美女をまとめてチェック!

★イケメンワールドカップ2014ブラジルはこちら

↓↓↓
6月開幕ワールドカップ!!!気になるイケメン、セクシー選手は調査済み?全32チームをまとめてチェック!!

インスタグラム始めました!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




ブログを書いてる人

イマエラ

イマエラ

~今選ぶべき道~
気づき・選ぶ事の大切さ」を考え、共有するブログ。 [詳細]