イマ、選ぶ。

~今選ぶべき道~ 「気づき・選ぶ事の大切さ」を考え、共有するブログ。

週末にスマホだけで在宅副業し時給4333円を売り上げた時に分かったメリットとデメリット

calendar

reload

こんにちは!イマエラです!

週末スマホだけで在宅副業時給4333円を稼げたので、
その際に感じたメリットデメリットを紹介します。

使用するアプリは口コミやテレビで話題・評判になっている、
無料フリマアプリ「メルカリ」です。

ネット販売は結構面倒なイメージがありますが、
メルカリは本当に出品が簡単ですぐに売れました

週末起業や独立、副業を考えている方には必見の情報です!

スポンサーリンク

週末在宅売り上げ(時給4,333円)

もうすでにご存知だと思いますが、
「メルカリ」は、スマホで写真撮影〜出品〜物の売買が出来る
フリーマーケット専用アプリです。

私はメルカリを今年6月に始めました。

現時点(2014年8月3日)で、
22点出品していて、10点購入されていて、
売り上げは13,090円です。

出品、梱包、配送作業を15分(売り上げた商品につき)、
売り上げ金13,000で計算すると、

作業時間:15分x10個 = 150分 (3時間)
時給計算:13,000円 ÷ 3時間 = 約4,333円

売り上げた商品だけで計算すると、
大体時給4,333円くらいなので
割に合った作業だと思います。

もともと捨てるつもりだった商品ばかりなので、
資産価値を0〜20%と考えればお得ですね!

出品している商品は、
服、小物、電化製品、アンティーク、文房具、、等、
皆さんがお持ちになっているものばかりです。

メルカリ1メルカリ2

メルカリ:出品者のメリット

メルカリを出品者として使用してみて、
メリット(良いところ)
大きく分けて4つありました。

  • 出品時も売れた時も手数料無料
  • 出品が簡単で写真加工機能も充実
  • 商品説明や画像が詳しくなくても売れる
  • ユーザーの反応が良い

特に出品手続きの簡易さは、
やる気・モチベーションをキープしてくれるので
どんどん出品したくなります。

他のユーザーを見てみると、
1つのアカウントで300を超える商品を
出品している人もいるようです。

■出品時も売れた時も手数料無料

出品時も売れた時も手数料無料というのは
かなりのメリットです。(2014年8月3日時点)

手数料が無い分、粗利も残りやすいし、
購入希望者の値下げにも対応しやすくなり、
結果、売れる可能性が高くなります。

ヤフオク等ではシステム料や月々のプレミアム料金等で
なんだかんだいって1000円以上はかかってしまうため、
手数料の計算なども面倒。。。
作業時間も計算すると「損している」という感覚にも陥りやすいですね。

メルカリだと、費用(仕入れ値、配送料、値下げ料(あれば))
だけ考えればいいので非常にシンプルです。

■出品が簡単で写真加工機能充実

手続きが非常に簡単でというのは、
出品者としてはかなり嬉しいメリットです。

定型文を作っておけば、
出品まで5分かからないです。

ざっくりとした流れは、
写真撮影→題名入力→商品詳細&配送・価格設定→出品

出品手続きを徹底的にシンプルにしているのは、
メルカリならではだと思います。

余計なサービスがついていると、
費用対効果を考えたり、どうPRするかに時間がかかり、
出品せずにやめるという選択もでてくるでしょう。

商品は出品してなんぼなので、
まずは手続きを完了させるのが大事ですね。

また、出品時の写真編集機能が充実していて、
最低限の加工(鮮明度、補正、切り抜き、テキスト追加等)
が出来てしまうので写真のアップロードも楽です。

■商品説明や画像が詳しくなくても売れる

出品する物にもよりますが、
300〜3000円の価格設定の商品なら
商品説明や画像にこだわらなくても
売れている印象があります。
(経験談)

ダメージがある、中古品等は
もちろん先に伝えておくべきことですが、
その他の情報は最低限でいいと思います。

気になるところはユーザーが質問してくるので、
事実をそのまま話していけば特にトラブルもおきません。

他社サービスだと非常に細かい点まで記載するのが
当たり前みたいな風潮がありますが、
メルカリだと物が良くて安ければ買う!の流れが早い印象です。

sponsored link

フリマ=中古が基本なので深くこだわらないのと、
「悪いかも?」というより「安い!」に意識がいくのかもしれません。
全体的に他のサービスと比べて商品が安いのは明確です。

もし商品不備があってトラブルになりそうでも
返金処理等、誠意ある対応をすれば特に問題ないと思います。

高額商品については詳細を伝えた方がいいかもしれませんね。

■ユーザーの反応が多い

メルカリの基本機能として、
「いいね」ボタンがあります。

これは「いいね」を押すと、
その商品が自分のお気に入りフォルダーにストックされる
といった機能です。

その他の機能として、
全てのユーザーが閲覧出来る「コメント」があります。

メルカリユーザーは
良く商品をチェックしているらしく、
例えばブランドや人気商品だと
すぐに「いいね」「コメント」で反応があります。

反応があるユーザーとやり取りしていると
大体値下げの話が出てきて、それに応じると、
ほとんどの場合は買ってくれます。

出品者のモチベーションキープの理由に
こういったユーザーの反応は大事ですし、
値段設定の材料ともなるので非常に有り難いです。

メルカリ:出品者のデメリット

メルカリを使用してみて、
デメリット(悪いところ)
大きく分けて2つありました。

  • 基本的に送料は出品者持ち
  • 値下げ交渉は当たり前

■基本的に送料は出品者持ち

出品されている全ての商品を見れば分かりますが、
送料はほとんどが出品者持ちです。

配送業者やどういったサービスにするかは
全て出品者で選択出来るわけですが、
結構、送料を調べるのは大変です。

出品者が送料を負担していますが、
ダメージ無しで早く届けられるサービスでないと、
購入者に不安を与えてしまうため、
ある程度の輸送方法を考えないといけません。

早くて安全を取るなら高額サービスとなり、
手元に粗利が残らず、赤字となってしまうケースもあるので、
あらかじめ「配送方法はなるべく安くて安全な輸送サービスを使用」
みたいな一文をいれておきましょう。

先に言っておけば特に何も言われませんし、
今まで私もトラブルになったことはありません。

■値下げ交渉は当たり前

メルカリには
値下げ交渉が当たり前の風潮があります。

まぁこれはフリマの感覚なので当然なのかもしれません。

私も商品をいくつか売却していますが、
購入者の値下げ希望に合わせて売っています。

大幅な値下げは受けなくていいと思いますが、
少しの値下げなら受けてしまって売却し、
自分の評価を上げた方がいいでしょう。

商品によりますが、
金額を設定する際に値下げ分を上乗せしておくのも
有りだと思います。

値下げしてもいいというのものであれば、
「大幅な値下げはお受け出来ないかもしれませんが、
多少でしたら値下げを考慮しますので、
お気軽にお問い合わせください」
と一文いれておけば、ユーザーも問い合わせしやすいので
お互いにメリットがあるのでいいかなと思います。

Google Playのダウンロードはこちら

しばらくメルカリで売買する予定で、
気がついた点があったら
どんどんアップしていくのでお楽しみに!

※アイキャッチ画像はメルカリ(you tube)より引用

こちらの記事も人気があります
→外出の緊急時に便利で必ず役に立つお薦め人気情報アプリ2選

→英単語の記憶は絵を使えば効率アップ!人気TOEICアプリのご紹介!

→竜巻注意報が出た時に1分で確認できる対策と被害の画像動画まとめ

→荒井由美は何年も前からひこうき雲を歌っていた!若かりし頃の彼女の声を聴け

→噛みつきを超える悪質プレー!女性主審の胸をxx?

インスタグラム始めました!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




ブログを書いてる人

イマエラ

イマエラ

~今選ぶべき道~
気づき・選ぶ事の大切さ」を考え、共有するブログ。 [詳細]