イマ、選ぶ。

~今選ぶべき道~ 「気づき・選ぶ事の大切さ」を考え、共有するブログ。

現時点の得点王(中国)に注意! なでしこの対策は? AFCベトナム2014 

calendar

reload

5月22日、19:15、
AFCアジアカップベトナム準決勝
「なでしこジャパンVS中国女子代表」
の試合がキックオフとなる。

試合前に両チームのこれまでの
戦績を確認しておこう。

本大会現時点での得点王に要注意??

グループA 最終成績

日本はベトナム、ヨルダンには快勝したものの、
オーストラリアとの試合はなんとか追いついたという内容だった。

得点は13点。
失点はわずか2点。

川澄選手が好調なので、
中国戦も期待したいところだ。

【グループA 最終成績】
group a

第1戦目 日本 2 – 2 オーストラリア
第2戦目 日本 4 – 0 ベトナム
第3戦目 日本 7 – 0 ヨルダン

【動画】2ゴール オーストラリア戦

【動画】4ゴール ベトナム戦

【動画】7ゴール ヨルダン戦 

nadeshiko vt

グループB 最終成績

中国はこれまで失点は0点

グループリーグには恵まれていたとはいえ、
確実に試合をものにするところはさすがだと思う。
今大会も間違いなく優勝を狙ってくるだろう。

【グループ B 最終成績】
group b

第1戦目 中国 7-0 タイ
第2戦目 中国 3-0 ミャンマー
第3戦目 中国 0-0 韓国

本大会現時点得点王 YANG LI選手に注意

現時点での本大会の得点王は誰か知っているだろうか。

なんと中国の選手である。

YANG LI選手
現在、5得点で得点王独走中。
(韓国PARK EUN SUN選手も同率一位)

絶好調の選手がいると
チームも盛り上がってくるので
まずはYANG LI選手を抑えることが
日本勝利への鍵になることは間違いない。

YANG LI

AFC 8回優勝国 中国女子代表としての誇り

注意しておきたいのがもう一点。

中国女子代表はこれまでに
アジアカップで8回も優勝している。

[AFC女子アジアカップ]
1975 – 1983 (代表結成前)
1986 – 優勝
1989 – 優勝
1991 – 優勝
1993 – 優勝
1995 – 優勝
1997 – 優勝(開催国)
1999 – 優勝
2001 – 3位
2003 – 準優勝
2006 – 優勝
2008 – 準優勝
2010 – 4位(開催国)
(wikipediaより引用)

ここ最近のなでしこvs中国女子代表の試合では
勝率で言えば日本の方が上なのだが、
こういった特別な大会というのは
実力以上の力が出るのはよくある話なので、
中国に勢いがつく前に早い段階で中国から得点を奪い、
有利なまま試合を運んでほしい。

5月21日時点 監督・選手のコメント(要約)

[佐々木則夫 なでしこジャパン監督]
-ここにはタイトルを獲るために来た
-厳しい準決勝になると思うがしっかりと勝って決勝に進みたい。
-中国とは昨年戦っているが、当時と比べて各選手の質が伸び、
システマチックに戦っている印象。
-(日本は)小手先で戦うのではなく、
今までやってきたことを全員で表現することが大事
-2日間のなかでメンバー構成を考え、しっかりいい準備をしていきます。

[川澄奈穂美 選手(シアトル・レインFC)]
-中国は攻撃にあまり人数をかけず、攻撃・守備を分業してやっている印象。
-予選リーグと決勝トーナメントでは戦い方を変えてくるでしょうし、
一人一人の選手が上手さ、高さ、速さを持っていると感じる
-一瞬の駆け引きやワントラップで相手をはがしてシュートを打つなど、
自分が持っている部分を一つでも出してサイドや1.5列目など
相手の嫌なところでボールを受けながらプレーしたい。
-ここベトナムには優勝するために来た
-覚悟を持ってますしどの試合も勝たないと次には進めないので、
全てをかけるつもり。

[中島依美 選手(INAC神戸レオネッサ)]
-私たちは優勝を目指している
-まずは中国戦に勝って決勝に進めるように頑張りたい
-中国は両サイドやFWにスピードがあるので、
そういった選手にしっかりと対応したい。
-攻守に貢献しながら、しっかり仕掛けていって得点を狙ってく
-個人としては、結果を残せるように、得点にはこだわりたい。

(日本サッカー協会より引用)

sponsored link

5月19日時点 中国の日本への印象・情報・コメント

※韓国戦前のコメントだが
強豪日本とは対戦したくないという内容だった。

[中国女子代表監督]
-「中国は幾度もこの大会で優勝していますが、過去は過去です。
日本はとても強いチーム。これまでの試合を分析して戦い方を考え、
ベストの準備をして、90分間ベストの戦いをしたい」

[中国サッカー協会]
-今大会、中国は「3位以上」を厳命している
-(グループ最終戦前)「世界王者の日本はアジアで無敵であり、
中国は力を尽くして日本を避けなければならない」

[中国メディア・捜狐]
-19日、準決勝で「なでしこ」との対戦を避けるために、
「中国は絶対に勝たなければならない」

(Searchinaより引用)

放送予定 なでしこVS中国女子代表

最後に放送日程のご案内。

当日は早めに仕事を切り上げ、
なでしこジャパンを全力で応援しよう!

準決勝 日本 vs 中国
5/22(木)
18:55~NHK BS1【生】
19:00~地上波テレビ朝日【生】

schedule

インスタグラム始めました!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




ブログを書いてる人

イマエラ

イマエラ

~今選ぶべき道~
気づき・選ぶ事の大切さ」を考え、共有するブログ。 [詳細]